ダイエットにおいての筋トレの役割とは?

2021/07/23 筋トレ
ランジ

本日は『ダイエットにおける筋トレの役割とは?』といテーマで説明をしていこうと思います。
以前にも似たようなテーマで書いたので、気になる人は参考にしてみてください。リンクはページ下部にはっておきます。

ダイエットにおいては筋トレを合わせた方が良い。
それはよく耳にするのですが、なぜ合わせた方が良いのか?理由は様々ですが、今回は私の考えをベースにあまり難しく話さず簡潔に説明します。

では説明していきます。


まず、ダイエットに筋トレを合わせた方が良い理由は全部で3つになります。


1.過度な筋肉の分解を防ぐ

2.基礎代謝の低下を防ぐ

3.モチベーションの継続


1から順に説明していきます。

まず1つ目の『過度な筋肉の分解を防ぐ』です。
ダイエットを行うと筋肉量はほぼ間違いなく落ちます。
単純に筋トレを入れながらダイエットを行えば筋肉の減少がトレーニングなしに比べて少なくなります。

仮に筋肉を落とさず減量できるのであれば、一旦体重を増加させて減量を行った方が筋肉はたくさんつくことになります。
人間の体は恒常性が働いているので、体重が増えるときは筋肉も同時に増え、減少するときは筋肉も同時に落ちていきます。

要するに、体重に合わせた適量の筋肉量があるわけです。
体重の割に筋肉量が多い状態を作ることが筋トレも目的になります。
そのため、筋トレを行いながらダイエットを行えば、減量した際に体重に対しての筋肉量が多くなるわけなので引き締まった体が出来上がります。


次に2つ目の『基礎代謝の低下を防ぐ』なります。
ダイエット中はカロリー収支をマイナスにする必要があるので、ダイエットを開始時は良いのですが、しばらくすると基礎代謝が下がり、カロリーの収支が平衡状態になります。

この際に筋トレを行なっていると、少なからず『筋繊維の修復』や『代謝産物の運搬や分解』などを行う必要があります。要するに余分な仕事をする必要が出てきてます。

例えば普段は10件分の配達をしないといけないところが、20件分になったらその分時間や体力を消費すると思います。
これと同じで余分な仕事が増える分、基礎代謝というエネルギーを消費しなければならず、身体的には省エネにして基礎代謝を下げたいところですが、やらなければならない仕事があるので結果的にエネルギーを使わなければならない、つまり基礎代謝を維持することに繋がります。

強制労働みたいな感じですね。笑


では最後の3つ目の『モチベーションの継続』です。
ダイエットは諦めればそこで終了です。つまり、短期的、中期的、長期的と期間は異なっても、短くても数十日はダイエット生活を行う必要があります。

この際に食事のみだけで行うとすぐに飽きが来てしまってダイエットを断念しやすくなります。
筋トレを行うことで、筋肉痛がくることで筋トレを行なった『充実感』やトレーニングを終えた『達成感』を味わうことができます。
この『〜感』がダイエット生活を継続する上で非常に大事であると個人的には強く思います。内分泌系ではないですが精神的に満足することは(マンネリ感を出さないこと)はダイエットにおいて非常に大事になります。


以上3点になります。
もう少し詳しい内容は以前の記事に書いてあるので、そちらをご確認ください。

それでは本日は以上です。


**********************************************
浜松市のパーソナルジム Luregene Fitness(ルアジーン フィットネス)はお客様のプライバシーを第一に完全個室のプライベートトレーニングを提供しております。結果がでない、リバウンド、情報がありすぎて何をしたらわからない、等、お悩みのある方はお問い合わせください。

メール:info@luregene-fitness.com
電話:090-9901-1934
インスタグラム:https://www.instagram.com/luregene_fit/
**********************************************