睡眠しっかりとれていますか?

2022/07/29 知識
睡眠

暑い日が続いてますね!
昨夜は急なゲリラ豪雨で、帰宅のために駐車場に向かっている最中に思いっきり雨に打たれました。笑
降水確率が0%なのにまさかの豪雨で、本当に異常気象だなと感じる毎日です。

さて、そんな異常気象が続くこの頃ですが、夏も本番に入り熱帯夜も続いております。
みなさんは就寝の際に冷房はつけておりますでしょうか?

電気代高騰や電力不足で節約や節電を理由に冷房をつけずに寝る人が増えています。
実はこれ、非常に危険なんです。

夜間は気づかないうちに結構な量の汗をかきます。実際に汗をかいている感じがなくても、人間は常に皮膚が呼吸しているため、少なからず体の水分を放出しています。
これは表皮を乾燥させて肌の細胞を死滅させないようにしたり、細菌ウイルスを繁殖させないようにと、様々な目的に行なっている体の機能です。


冷房をつけていても気づかないうちに汗をかき、体の水分は失われます。冷房をつけずに寝ることに慣れている人も睡眠時にはかなりの汗をかくので、朝方は軽い脱水になっております。

このような熱帯夜に起こりやすいの熱中症です。
実は寝ている最中に軽い脱水症状になり、熱中症になることは結構多いのです。

熱中症は重症化すると後遺症が残流可能性があります。
慣れている、節電、節約のためだとしても、熱中症は命に関わることなので、無理をせずに冷房をつけてたり、扇風機を回したりして寝るようにしましょう。


そして冷房をつけていてもそもそも深い睡眠ができなくて疲れが取れないと感じている人は、こちらを試してみてはいかがでしょうか?

・冷房の温度を26度に設定する。
人が睡眠をする上で適正な室温は26度と言われています。もちろん個人差はありますが、26度からかけ離れた温度設定をしている場合は26度前後にしてみましょう。
また、タイマーにしている場合も、タイマーをやめて朝方まで冷房をつけましょう。寝入りは良くなっても、途中で冷房が切れてしまえば徐々に室温は上がっていきます。熱中症の危険もありますので、熱帯夜の場合は冷房のタイマーはオフにしましょう。

・ラベンダーの香りを嗅ぐ。
ラベンダーは睡眠導入剤と同等の効果がある、と言われるほど入眠が良くなります。昨今は手軽におロマディフューザーやフレグランスが購入できるようになったので試してみてはいかがでしょうか?

・お風呂・シャワーを浴びる。
こちらは衛生的な意味ではなく、深部体温を上げましょう!ということになります。
人間は体温が下がっている時に眠気を感じます。シャワーとお風呂に浸かる場合では深部体温の上昇が異なりますが、おおよそシャワーであれば1時間後、お風呂に使った場合では1時間30分〜2時間後に寝ると心地よく入眠できます。


これらの3つを試してみてはいかがでしょうか?
睡眠の質は最初のノンレム睡眠が非常に大切と言われています。そのため、この最初のノンレム睡眠にいかにスムーズはいるかが大事になります。

上記の3つは化学的にも認められているので、睡眠に悩んでいる人は是非お試し下さい。
 

******************
浜松市のパーソナルジム Luregene Fitness(ルアジーン フィットネス)はお客様のプライバシーを第一に完全個室のプライベートトレーニングを提供しております。結果がでない、リバウンド、情報がありすぎて何をしたらわからない、等、お悩みのある方はお問い合わせください。

メール:info@luregene-fitness.com
電話:090-9901-1934