ジムで効率よくダイエットをするには?

2021/07/28 知識
ワークアウト

『ジムで効率よくダイエットをするには?』という内容で説明して行こうと思います。
勘違いしないようにもう少し詳しく説明すると、『ジムでの運動(ワークアウト)で効率よくダイエットする方法』になります。

ご自身でフィットネスジムに通っている人向けになると思いますので、フィットネスジムに通われている人は是非参考にしてください。

では説明していきます。

まず、運動の最中で脂肪を減らしたいのならば、やはり有酸素運動(エアロビックな運動)しかないと思います。
しかし、痩せるための手取り早い手段として有酸素運動に過度な期待を持つのは少し間違っています。

なぜかというと、有酸素運動でのエネルギー消費量はそれほど大きいものではないからです。もちろん運動の種類によっても変わってきますが、1時間のウォーキングを行なっても大体150kcalくらいになります。
(エネルギーの消費の計算は以前の記事に書いてますので参考にしてください)

実際に150kcal全てが脂肪に使われるとは考えずらいので、約半分の75kcal分を脂肪として消費できたとすれば1kgの脂肪を燃やすためにはウォーキング1時間×100回ほどになります。
毎日やっても3ヶ月はかかる計算になります。
有酸素運動を行えば直接脂肪を燃焼できますが、1回やれば脂肪がごそっと減るかというと現実はそんなに甘くありません。

ではどうすれば良いか。

それは有酸素運動と筋トレを組み合わすことになります。
そのほうがはるかに脂肪を燃焼することができます。
大事なことは『有酸素運動』と『筋トレ』の順番になります。

結論を先にいうと、『筋トレの後に有酸素運動を行いましょう。』

以下は理学博士で有名な東京大学の石井直方教授の研究チームの内容になります。

筋トレ→有酸素運動の順番で運動をした場合は、脂肪の代謝が各段位上がる一方、有酸素運動→筋トレの順番で行うと、どんなに成長ホルモンや交感神経の分泌を強く促す筋トレであっても、全然ホルモンの分泌が起こらなくなり、脂肪も全然分解されないという結果が出たそうです。
せっかく筋トレを行なっても、後で成長ホルモンが分泌されなければ筋トレの効果があまり出てきませんし、成長ホルモンによる脂肪の分解という点でも圧倒的に不利というわけです。

ちなみに、脂肪を減らすという目的で行う筋トレは、足や背中、胸などの大筋群を鍛えるのが効果的になります。大きな筋肉ほど、ホルモンの分泌や交感神経を活性化し、脂肪も多く分解されます。

筋トレ後にすぐに有酸素運動を始めなければ効果が下がることはありません。筋トレ後に少し休憩を入れてから有酸素運動を始めれば良いと思います。


筋トレ→有酸素運動によって、どのくらい脂肪を燃焼できるようになるかの具体的な値はありませんが、少なくとも有酸素運動単体で行うより脂肪の燃焼効果は上がりますから、ジムでのワークアウトを行なっている人はぜひ取り入れてみてください。

では本日は以上です。


**********************************************
浜松市のパーソナルジム Luregene Fitness(ルアジーン フィットネス)はお客様のプライバシーを第一に完全個室のプライベートトレーニングを提供しております。結果がでない、リバウンド、情報がありすぎて何をしたらわからない、等、お悩みのある方はお問い合わせください。

メール:info@luregene-fitness.com
電話:090-9901-1934
インスタグラム:https://www.instagram.com/luregene_fit/
**********************************************