パーソナルジムの選び方

2021/06/05 知識
選び方

こんにちは!
浜松市のパーソナルトレーニング ジム
Luregene Fitness(ルアジン フィットネス)のRyoです!


本日はパーソナルジムの選び方についてです。
皆さんはパーソナルジムを選ぶ際に、何を重視して選んでいますか?今回は私自身が、仮にパーソナルジムに通うとして、どのような点を見ているか、つまり、トレーナー目線からパーソナルジムを選ぶポイントをお伝えできればと思います。

まず、現在浜松市はここ数年でパーソナルジムが乱立してきました。LuregenFitnessがオープンしたのが2017年でしたが、その時は大手のライザップと24/7workoutが2店舗あり、その他には個人ジムが4〜5店舗くらいしかなかった気がします。
それが2021年6月現在、大小を合わせると30店舗ほどになってあります。それほど健康意識が高くなっている証拠なのでいいことではあると思いますが、ここまで多くなってくるとどのパーソナルジムが良いのか、見分けが難しくなってきますよね。
決して安い金額ではないですし、自身の体を変化させるので信用できるところにしたい思うことは最もだと思います。後悔しないようにしっかり選ぶ目を作っていきましょう!

では私なりに考えるポイントをお伝えしていきます。

それはズバリ、『こだわりのコンセプト』があるパーソナルジムです。

どういうことかと言いますと、ダイエットを歌っているパーソナルジムは現在、非常に多くあります。当ジム、LuregeneFitnessもダイエットをメインに行なっております。
では、そのジムが持っている強みはなんでしょうか?
そう!この強み、大事にしていることが『こだわりのコンセプト』になるのです。

ダイエットをメインに行なっているパーソナルジムであれば、前提としてお客様の体を痩せさせるのは当然のことであり、そもそもが理想の体へ持っていくのはパーソナルジムとして当然の業務になります。
つまり、お客様を理想の体へ持っていく、や短期的にここまで落としました、と謳っているパーソナルジムは大きなコンセプトはよくわかりません。ましてや価格などで勝負しているパーソナルジムは、言葉を変えればトレーナーの技術を安売りしても良いということとも受け取れるので、個人的にはあまりお勧めしません。

私も1人のトレーナーとして、やはり価格の設定はシビアに考えますが、自分の価値を安くしてまで提供する気はありません。長い実績と経験、そして勉強をしていけばある程度プライドを持つはずですし、このようなトレーナーでしたら皆同じ考えになると思います。
ということで価格勝負を謳っているパーソナルジムは、私は選ばないです。

同様に、大会に入賞した、コンテストに出場した、などと強く謳っているパーソナルジムも私の場合は選ばないです。
なぜか。それはあくまでもトレーナー自身の体であって、トレーナー業務はお客様の体に対してです。
自身の体を変えれたからといって、他の人にも当てはまることはありません。これは私自身の経験もありますし、遺伝子分野を学んでいるためより強く思います。
ご自身の体を売りにしているのであれば、それはトレーナーではなく、トレーニーで十分です。また、自身の体で結果を出しているだけあって、他人が変化しない理由に対して偏見を持つ可能性も高くなる傾向があります。あくまでも自分は自分、他人は他人と冷静に分析する必要がありますし、自身の体で結果を出している人は自分がやってきたことが正解と思い込みやすくなります。ここが危険なわけであります。

もちろん、そこをしっかりと区別できるトレーナーもいますが、そのようなトレーナーは大会の結果などを理由に集客をかけないと思います。経歴にサラッと書いてあるようなパーソナルジムなら私は信用できると思います。
ちなみに、大会にでて結果を残すことは素晴らしいことです。その努力をできることはいいのですが、それをアピールしすぎると、他にアピールできるところはないんですか、と思ってしまうのがトレーナーとしても目線です。


そして私がなぜコンセプトをしっかり打ち出しているパーソナルジムに通いたいか、についてですが、コンセプトは、パーソナルジム立ち上げ当初にまず考えるものです。
コンセプトも何もないパーソナルジムはそもそも選定の範囲にすら入りません。
コンセプトをもとに運営をしていきますが、業務を重ねていくにつれてこのコンセプトは変化していきます。
もちろん大きくは変化しないのですが、よりブラッシュアップ、つまり、より具体的になっていくものです。

みなさんも思い返してください。
例えば学生時代に就職活動を行ったときにエントリーシートを書いたとおもいます。このエントリーシート、一番最初に書いた時の内容と就活が進んでいった時に改めて書いた内容って少し異なっていませんか?もちろん、大元の柱は同じですが、より具体的に読み手にイメージしやすいように書き直されていると思います。

なぜ書き直されているのでしょう?
これはエントリーシートの内容を少しでも読み手に伝わるようにしたいという気持ち。言葉を変えれば採用されるために私の考えを100%近くまでわかってもらいたい。この熱意が伝わってほしいといものがあると思います(個人により変わるので変に捉えないでください)。

これと同じです。オープン当初に掲げたコンセプトからより具体的になっているコンセプトをアピールしているパーソナルジムは、仕事に対して本当に真剣に向き合っています。
そのため、コンセプトはどんどん変わっていくのです。
場合によっては全く違うコンセプトになる場合もあります。しかし、それは業務の経験から、こうした方が良いと感じ、改善しているから起こることなのです。
そのため、オープン当初から全くコンセプトが変わらないパーソナルジムやそもそもコンセプトがなく、価格、立地、大会の結果などでアピールしているところは『業務』ではなく『作業』をしているパーソナルジム、と私は考え選択肢から消えてしまいます。

ちなみに当ジムLuregeneFitnessは当初のコンセプトは遺伝子解析を用いたダイエットです。効率よくダイエットしましょう!をアピールにしていました。
しかし、今では遺伝子解析を用いて体の本質を理解し、一人一人に適しているトレーニングや食事を提案し、締まった体は当然のこと、『機能的』に動ける体を目指す。一人一人体重の落ち方は違うので短期メニューはありません。落ちる速度ではなく、時間がかかってもしっかり筋肉を残す。そして私自身が競技者でもある経験から、ただ締まった体ではなくしっかりパフォーマンスも発揮できる体にする。これが現在の当ジムLuregeneFitnessのコンセプトです。

初めてジムを選ぶのは何を基準にしていいのかわからないと思いますが、今回私が考えているジム選びで着目する点が少しでも参考になってくれれば幸いです。

今回の内容は少し過剰な言い方をしていますが、基本どのパーソナルジムも頑張っていることは間違い無いです。決して楽して稼ごうと思っているジムがあるとすれば既に廃業していると思います。

しかし、ここ数年でパーソナルジムが乱立してきている中、どうしてもトレーナーの質が落ちていることは確かです。
トレーナーは参入障壁が低いので比較的誰でもなれます。しかし、トレーニング指導を仕事として行うのに解剖学も理解できていない、栄養学もよくわからない、そもそも経営についても勉強していない、全て自身の経験でなんとなくやっている人もいることは確かです。トレーナーなのにベンチプレスの動作を機能的に説明できない人がいるのは衝撃的でした。トレーナーになれても、一流のトレーナーになるには勉強と実践が全てです。上記の知識もなくトレーナーをしている人が1人でも減ることを祈っています。

では本日はパーソナルジムの選び方ということで私の意見も含めながら説明しました。
初めてパーソナルジムを選ぶ人はぜひ参考にしてみてください。

では本日は以上です。


**********************************************
LuregeneFitness(ルアジーンフィットネス)はお客様のプライバシーを第一に完全個室のプライベートトレーニングを提供しております。
また、パーソナルトレーニング業界では全国的にも貴重な遺伝子解析を取り入れており、
専門資格を有したセルフコードトレーナーによる遺伝子結果に基づいたボディメイク、ダイエットを行います。
結果がでない、リバウンド、情報がありすぎて何をしたらわからない、等
お悩みのある方はぜひ一度お問い合わせください。

メール:info@luregene-fitness.com
電話:090-9901-1934
インスタグラム:https://www.instagram.com/luregene_fit/
**********************************************