減量の質問について〜その4〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
浜松市のパーソナルトレーニング ジム
Luregene Fitness(ルアジン フィットネス)のRyoです!

本日は長期的に落とした方が良い最後の理由である、

ダイエットの『真』の目的を達成できる

について説明していきます。

前回、前々回とダイエットの際は、
・少なからず体には負担がかかること
・あらかじめ食事が乱れる前提で計画を立てる

この2点をポイントに説明していきました。
まだ読んでいない人はまずはそちらを見てください。

 

冒頭にあります、『真の目的』とは何でしょうか?

70kg、体脂肪30%あった体重が60kgになった例を2パターン挙げて説明していきましょう。
体重70kgの30%は21kgなので、この人の体組成は、
・体脂肪:21kg
・除脂肪体重:49kg
除脂肪体重は、体重から体脂肪を除いたものになります。
イコール筋肉ではありませんが、ここでは筋肉としていきます。


ではこの人が60kgになった時に、体脂肪が25%になったとしましょう。
この時の体組成は、
・体脂肪:15kg
・除脂肪体重:45kg

ダイエット前後で
・体重:-10kg
・体脂肪:-6kg
・除脂肪体重:-4kg
になりました。


では次にこの人が60kgになった時に、体脂肪が20%になったとしましょう。
この時の体組成は、
・体脂肪:12kg
・除脂肪体重:48kg

ダイエット前後で
・体重:-10kg
・体脂肪:-9kg
・除脂肪体重:-1kg
になりました。

①と②を比べると同じく減量数としては-10kgですが、
落ちているものが変わっています。

ダイエットは体重を落とすのは間違いないのですが、
落としたものが『何なのか』が最も大事なのです。

そしてこの落としたものが何なのか、によって、
減量後のリバウンドに大きく関わっていきます。

皆さんもご存知の通り、
ダイエットは筋肉を残しながら脂肪を落としていくことが大事です。
なぜかは、筋肉量が多い方が代謝が高くなる。
もう少し詳しく言うと、筋肉内に存在しているミトコンドリア量が多くなるため、
そしてこのミトコンドリアがエネルギー生産に大きく関わっているため、
筋肉が多ければミトコンドリア量が相対的に多くなり、
代謝が高くなるわけです。

つまり、ダイエットを筋肉も落としながら行ってしまうと、
ダイエット完了後に食事を戻した場合は一気にカロリー収支が崩れ、
体重が戻ってしまうと言うわけです。

しかし、これは一般的に言われており、
間違っては無いです。

ただ、もう少し詳しく見る必要になります。

ダイエット後、体重が大きく戻ってしまう人と、戻らない人との差は何でしょうか?
食事を戻してしまうことが大半ではありますし、間違ってはいません。

ただ、実は大きく体重を戻してしまう人は、戻さない人に比べ単純に食事量が多いと言うわけでは無いのです。
ここが今回最後のポイントが隠されています。

ダイエット後は当たり前に誰しもが食事には気をつけています。
ここで明確な差がでるのは、

『引き続き運動を続けているか』

です。

人間の代謝は基礎代謝と活動代謝に分けられますが、
ダイエット後は体重が落ちるので少なからず筋肉量が落ちます。
これがどのくらい落とさず脂肪を減らすかが大事なのですが、
筋肉量が落ちると言うことは少なからず、ダイエット前に比べて基礎代謝は下がっています。

そのため、当たり前ですが全く同じ食事に戻せばカロリー収支が崩れて体重は増えます。

ここでダイエット中に行っていた運動、つまり筋トレですが、こちらは活動代謝に関わるのですが、
こちらを行うことで大幅に消費エネルギーを増やせるのです。

筋肉量が落ちているので動いたところでそんなにエネルギーを消費しないのでは?
と思う人もいると思いますが、前述の説明した内容を思い出してください。
代謝が高いのは筋肉量が多いため、
→ミトコンドリアが相対的に多いから
でしたね。

つまり単純に筋肉が多くてもミトコンドリアによって変わるのです。
このミトコンドリアが
・単位面積あたりの筋肉内にどれくらいいるか→ミトコンドリア濃度
・ミトコンドリアが元気かどうか→ミトコンドリア活性化
これによって代謝が大きく変わります。

運動習慣がある人は比較的にこのミトコンドリアが活性化していますので、
減量後に筋肉量が落ちてもダイエット前よりもミトコンドリアが濃度も濃く活性化しているのです。

そのため、ある程度食事を戻しても体重が維持できるのです。

ここがダイエットの最大のポイントなのです。
食事は戻しても運動の習慣は落としてはダメなのです。
筋肉は生きる上で最低限あれば良いので、体重が落ちた体には多すぎるのです。

だからこそトレーニングが必要になるのです。

そして今回のテーマであったダイエットの真の目的が達成できるとことがようやくここで繋がります。

人間は良くも悪くも習慣でかなり大きく日々の生活を左右されます。
これまでのダイエットが長期的に行うことでトレーニングの習慣が当たり前になっているのです。
これが本当に大事です。
この習慣があるからこそ、

『トレーニングを維持することが苦にならず、結果的に体重を維持し続けることができる』

のです。

ダイエットの真の目的は、リバウンドを起こさないことです。
言い合えれば維持し続けることです。
だからこそ、この習慣を身に着けることが最も容易で可能性が高いからこそ長期的に行うことが良いと言えるのです。

そして『習慣をつける』これがパーソナルトレーニングの最大の魅了であると私は思います。

これができればパーソナルジムからフィットネスクラブに移っても良いと思いますし、
自宅トレでも良いと思います。
大事なことは習慣です!

本日で長期的に行う必要がある主な理由3つは終わりになります。
細かくはまだありますが、この3つを考慮してダイエットに挑めばかなりの確率で成功することでできると思います。

では本日は以上です^ ^

***********************************************
Luregene(ルアジン)は、お客様のプライバシーを第一に完全個室のプライベートトレーニングを提供しております。
また、パーソナルトレーニング業界では全国的にも貴重な遺伝子解析を取り入れており、
専門資格を有したセルフコードトレーナーによる遺伝子結果に基づいたボディメイク、ダイエットを行います。
結果がでない、リバウンド、情報がありすぎて何をしたらわからない、等
お悩みのある方はぜひ一度お問い合わせください。
メール:info@luregene-fitness.com
電話:090-9901-1934
インスタグラム:https://www.instagram.com/luregene_fit/
***********************************************

関連記事一覧

PAGE TOP
無料カウンセリングはこちら
無料カウンセリングはこちら