サプリメントと他の食品との食い合わせについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます!
浜松市のパーソナルトレーニング ジム
Luregene Fitness(ルアジーン フィットネス)のRyoです( ^ ^ )

 

本日は『サプリメントと他の食品との食い合わせについて』
ということで、昨日は薬とサプリメントでしたが、
今回はサプリメント(食品)同士についてで、
少し関連性のある内容となっております!

 

食い合わせというと、
『2種類以上の食品を同時に摂取することで中毒をおこすこと』
と表現されていますが、今回は
『効果を減らしてしまうようなサプリメントの組み合わせ』
として説明をしていきたいと思います。

 

結論からいうと、現在販売されているサプリメントの中で、中毒を起こすようなものや、
全く効果を失ってしまうようなものはありません。
そのため、サプリメントは安心して摂取して頂いて良いと思います。

もちろん、前の記事にも書いた通り、
摂取量やアレルギー素材など、気をつける点はあります。

ただし、組み合わせによっては避けたほうが良いサプリメントや、
時間を空けて摂取したほうが良いものはあります。

例えば、前回も説明した通り、ビタミンBの場合、単体で『B1』を摂取するよりも
『B2,B6,B12』のようにビタミン『B群』として摂取したほうが効果が高まります。

この時に気をつけておきたいものが『食物繊維』です。
食物繊維は第6の栄養素としても注目を集めており、腸内の掃除や吸収を緩やかにしたりします。
つまり、栄養素の吸収を阻害し、排出を促す栄養素でもあるのです。

特にミネラル類と食物繊維を一緒に摂取することはお勧めしません。

また、『硫酸第一鉄を使用した鉄分』はビタミンEの吸収を阻害すると言われています。
その他の鉄分(ヘム鉄など)は問題がないと言われています。

 

他には有名なところでは、コーヒーの『カフェイン』や緑茶に含めれる『タンニン』も
栄養の吸収を妨げると言われています。
そのため、サプリメントをお茶やコーヒーで摂取することは避けたほうが良いです。

他に、豆類に多く含まれる『フィチン酸』やほうれん草に多く含まれる『シュウ酸』も、
ミネラル類の吸収を妨げると言われています。

ミネラル同士であれば、『亜鉛』と『カルシウム』、『リン』と『カルシウム』も
あまり吸収の相性のよくない組み合わせでもあります。

 

実際は全く吸収が妨げられる訳ではないので、
通常の食生活ではそこまで気にしなくても良いと思います。

栄養補助として、サプリメントを摂取する場合は気をつけていただければと思います。

 

では、本日は以上になります!

 

また明日〜( ^ ^ )

***********************************************
Luregene(ルアジーン)は、パーソナルトレーニング業界では全国的にも貴重な遺伝子解析を取り入れており、
専門資格を有したセルフコードトレーナーによる遺伝子結果に基づいたボディメイク、ダイエットを行います。
専門知識を有したパーソナルトレーナーによるトレーニングは一味違います!
結果がでない、リバウンド、情報がありすぎて何をしたらわからない、等
お悩みのある方はぜひ一度お問い合わせください。
メール:info@luregene-fitness.com
電話:090-9901-1934
インスタグラム:https://www.instagram.com/luregene1112/
You tube:https://www.youtube.com/channel/UC9d6ClRuhpxvImFxMxr1JSQ?view_as=subscriber
はまぞうブログ:http://luregenefitness.hamazo.tv/
***********************************************

関連記事一覧

PAGE TOP
無料カウンセリングはこちら
無料カウンセリングはこちら