ダイエットにおける有酸素運動の必要性〜時間〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

***********************************************
浜松市のパーソナルトレーニング ジム Luregene Fitness(ルアジーン フィットネス)のRyoです!
Luregene(ルアジーン)は、パーソナルトレーニング業界では全国的にもまだ少ない遺伝子解析を取り入れており、
専門資格を有したセルフコードトレーナーによる遺伝子結果に基づいたボディメイク、ダイエットを行います。
結果がでない、リバウンド、情報がありすぎて何をしたらわからない、などのお悩みのある方は
ぜひ一度お問い合わせください( ^ ^ )
************************************************

本日は前回に引き続き、ダイエットにおける有酸素運動の必要性〜時間〜

ということで、説明をしていこうと思います。

有酸素運動の必要性や強度につきましては前に述べているので、

読んでいない方がいましたら一度そちらを読んでから

こちらを読むことをおすすめします。

 

では有酸素運動の時間ですが、

結論から言いますと、

『β3AR次第で大きく変わるため、遺伝子解析を行わないとわからない』

になります。

β3ARが不明な状態でしたら、

『45分以上やれば効果の大小は異なるが、中性脂肪は分解され始める』

になります。これがセルフコードトレーナーの意見です。

詳しく説明していきます。

 

まず、脂肪分解のメカニズム(工程)をお伝えします。

 

1.中性脂肪から遊離脂肪酸への分解

2.分解した遊離脂肪酸のTCA回路への運搬

3.ミトコンドリアでの燃焼

 

簡単に言えば、

『分解→運搬→燃焼』

になります。

この工程の中で有酸素運動が関係する箇所は、

 

『分解』

 

です。

もう少し細かく説明すると、

有酸素運動の刺激により、

アドレナリンホルモンが活性化され、それによって脂肪分解の指令を出すカテコールアミンが活性化します。

このカテコールアミンの刺激を受け取る受容体がβ3AR受容体。

β3ARが指令を受け取りロパーゼに刺激が入ることで中性脂肪から遊離脂肪酸への加水分解が始めます。

 

これが『分解』の工程になります。

有酸素運動は、中性脂肪の分解をするためのスイッチを押すようなイメージです。

 

では、本題のどれくらいやれば脂肪の遊離脂肪酸への分解が始まるかというと、

こちらは人それぞれによって変わってきます。

要は受容体であるβ3AR次第によって変わります。

 

基本的にアドレナリンホルモンやリパーゼの先天的欠損はほとんどなく、

β3受容体の遺伝子が変異していることによって、

刺激を受け取りにくい人もいます。

 

つまり、有酸素運動を始めても脂肪が燃え始める時間は

β3AR受容体次第ということになります。

 

当ジムには遺伝子研究機関や大学の研究機関からデータを頂いて、

実際の遺伝子型による計測値を把握しています。
(外部掲載厳禁のため、ここでは載せれません)

遺伝子型にまとめたグループで

有酸素運動開始後の血中遊離脂肪酸の変化をグラフにしていくと

面白い結果が出てきます!

この結果より、どのくらい有酸素運動を行えば良いかがわかってきます!

早ければ15分もしないうちに分解する人もいれば、

40分間やって、ようやく分解が始まる人もいます。

こればかりは遺伝子型なので解析をしないとわかりません。

 

そのため、有酸素運動の時間についての正確な時間を知りたい方は遺伝子解析を行うことをおすすめします。

 

有酸素運動は、取り入れていただければ確実に結果は出てきますが、

正確に言えば、正しい強度で、自分にあった時間で行えば

結果が出る!

になります。

 

しかし、やみくもに有酸素運度を行っても、

脂肪が分解されず、結果が出ないだけでなく、

逆に、

体を酸化させてしまったり、関節を痛めてしまったりと

デメリットだらけになります。

 

お一人お一人に合わせたメニュー組みができる、

そのためにボディメイクのスペシャリストの『パーソナルトレーナー』がいるわけです。

それができなければ『パーソナルトレーナー』と名乗る資格はなく、

『トレーナー』で十分だと思います。

 

話はそれましたが、有酸素運動のお時間については上記の通り、

『遺伝子型によるが、不明な場合は45分以上行えば少なからず効果は出る』

と言うことで結論付けたいと思います。

 

ちなみに、90分以上の長時間になってきますと、

タンパク質の分解が有利になるので、

ダイエット目的で有酸素運動を行う場合は、

90分以上はやめておいたほうがいいと思います。

 

今回はここまでにります。

有酸素運動の必要性、強度、時間について少しでもご理解頂ければ幸いです。

あくまでも今回の話はトレーナーとしては知らなければならない最低限の知識であり、

基本事項であります(遺伝子関連は除く)。

私の中では、

ここからが自分の知識の出しどころと思ってます。

まだまだお伝えしたい内容がありますが、

文章では限界があるので、

この先が知りたい方はカウンセリングをお受けすることをおすすめ致します。

問い合わせ先
📩:info@luregene-fitness.com
☎️:090-9901-1934

ホームページ内の『お問い合わせ』からでも可能です。
初回カウンセリングは無料ですので、お話だけでも全く問題ありません( ^ ^ )

お問い合わせお待ちしております!

次回は、有酸素運動の必要性について〜番外編〜

です。今まで説明したことに加えてさらにポイントを加えていこうと思います( ^ ^ )

 

では、明日〜( ^ω^ )

関連記事一覧

PAGE TOP
無料カウンセリングはこちら
無料カウンセリングはこちら