自分のボディメイクについて 〜続き〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
浜松市のパーソナルジムLuregene Fitness(ルアジーンフィットネス)のRyoです!

時間が空きましたが、
自身の減量についての食事やカロリーについてです。

減量方法(ダイエット方法)として、カロリーコントロールや現在注目されている糖質制限など
様々ですが、私自身はカロリーコントロールをしています。

カロリー理論は古いとも言われていますが、
結局のところは

摂取カロリー>消費エネルギー

であれば体重は増えますし、

消費カロリー<消費エネルギー

であれば体重は減ります。
(厳密には体の中の何かが分解されている)

これは地球上で生活している以上、必ず当てはまる法則です。

厳密には人間の体は刻一刻一刻で異化と同化(分解と合成)を繰り返していますので、
実際のところは体重は増えたり減ったりしています。

そのため、自分の消費するエネルギーがわかれば増量でも減量でも簡単にできるわけです。

 

自分の消費エネルギーは、

基礎代謝

活動代謝

食事誘発熱生産

の3つでおおよそ決まってきます。

ただ、この3つのパラメーターは日々の体調や食事内容、回数、時間、など
様々な要因で全く変わってきます。

人によって胃腸での吸収率も変わってきます。

 

そうなると理論では食事のカロリーコントロールで体重のコントロールはできそうですが、
実際では不可能に近いです。
食事の摂取カロリーも厳密にコントロールすることは難しいと思います。

 

ただ、完全なコントロールはできませんが、
ある程度の目指す目安としては非常に有力になります。

 

話は少しそれましたが、

私は摂取カロリーを設定し、そのカロリーを

たんぱく質(P)、脂質(F)、糖質(C)

で振り分ける感じです。

 

設定したカロリーで、管理がしっかりしている上でも落ちていかなければ
設定値を見直す、この繰り返しです。

カロリー理論が古いと言われたり、効果が少ないと言われますが、
それは設定値が合っていないだけであり、
地球上で生活している以上、

消費エネルギー>摂取エネルギー

であれば確実に体重は落ちます。

この設定値こそトレーナーの知識や経験が反映されるものであり、
トレーナーの質が分かれるところではないかと私は思います。

もちろん、これはカロリーコントロールでの話であり、
糖質制限や脂質制限などの他の方法とは話は変わってきます。

 

次回は、実際私が設定しているカロリーとPFCのバランスについて書こうと思います。

関連記事一覧

PAGE TOP
無料カウンセリングはこちら
無料カウンセリングはこちら