遺伝子解析について 〜Part3〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!
浜松市の遺伝子に基づいたパーソナルトレーニングジムLuregene Fitness(ルアジーンフィットネス)のRyoです!

本日は遺伝子解析についてPart3ということで、
遺伝子解析結果をどのようにトレーニングに生かしていくかを書きたいと思います。

ところで、
”RM”(Repetition Maximum)という言葉はご存知でしょうか。

こちらはレピティーション・マキシマムと読み、最大反復回数のことを指します。

”10RM”

という表記であれば、フォームを崩さず10回をなんとか持ち上げれる重量の事です。

これは筋トレ本なんかによく書いてあることですが、

筋肥大でしたら、”8RM〜12RM”

持久筋でしたら”12RM以上”

を目指すと良いと記載されています。

もちろん正式文献に乗っていることなので反論する気は毛頭ないのですが、
実際に12RMと13RMで筋肉の刺激の入り方や動員率は変わるのでしょうか?

 

何が言いたいかと言いますと、
あくまでの重量設定は人それぞれによって異なるということです。

要は、
比較的軽い重量は持久筋肉を刺激し、重くなるにつれて筋パワーが上がるということで、
これの境目の目安であって最終的には人それぞれによって重量は変えていく必要があるのです。

よくフィットネスジムにある10回を3セットというのは、
理論からすれば筋肉肥大に適した重量で、全ての筋肉を動員できるため刺激は入ると思います。

しかし、10回3セットを行っても(トレーニング経験の有無は議論しない)、
それをやり続けた結果、みなさんが全く同じ体になるかどうか(同じように筋肉がつくか)はわかりません。

 

全く同じことをしているのに、
同じ効果が出ないというのは、
その方が手を抜いたわけではないですよね。

一条懸命やっても、同じことをやっても同じ結果にならないことは、
幼少期の頃から感覚でわかると思います。

人はそれを”才能”と呼びます。

これは
実は言い換えると、

”先天的要素”

つまり

”遺伝的要素”

になるのです。

遺伝子によってどのような違いがあるかは、
遺伝子解析についてPart1、Part2で説明していますので、
参考にしてください。


話はそれましたが、
同じことをやっても結果が異なるのは遺伝子の影響ということになれば、
トレーニングの種目やレップ数、レストや重量は、
同じ筋肥大を目的にしたとき、変わってくるのは当然ですよね!

 

前回の遺伝子解析についてPart2で説明した筋収縮速度に関わるACTN3。

 

簡単にいえば
R型タイプは瞬発系でX系は持久系でかつ疲労が残りやすい、
タイプでしたね。

R型とX型が同じトレーニングをした場合、
高速な筋収縮ができるR型は、X型が筋肥大する重量に対しては、
少し足りません。

また、高速に筋収縮できることは反対にバテやすいため、
筋肥大に適した10RMではレップが多くなります。

そのため、ACTN3がR型であれば、
筋肥大を目的に行ったとしても
設定重量やレップ数は、
高重量の低回数で行う必要があります。

逆にR型は持久系トレには向いていません。
あえて苦手なものを克服する、と言う考え方もありますが、
ご自身の体に合うトレーニングを行った方が
疲労面的にも成長面的でも全然結果が異なってきます。

怪我の面でもR型は、
筋肉が温まっていない状態で
いきなり高重量を行えば、
高速な筋収縮を起こすために肉離れを起こす可能性が高まりますね。

そのため、通常に比べ念入りにウォーミングアップをする必要があります。

X型はR型のような高速な筋収縮ができないため、
あまりに高強度の重量を設定すると筋繊維が耐え切れず
肉離れを起こす可能性が高いです。
日常生活で重いものを持つ時(引っ越しや模様替え)に注意が必要です。

同じ怪我でも、遺伝子が違うだけで怪我になる過程が違いますので
怪我の対策もできますね!

 

これはACTN3のみで判断した結果であり、
実際は他の遺伝子結果も考慮して
トレーニングの設定を行います。

これにより、
目的に合わせたメニュー組ができ、
効率よく結果が出せることにつながります。

 

今回で遺伝子解析についてのご説明は終了です。

Luregene Fitnessでは9つの遺伝子を調べ、
その結果に基づいてボディーメイクを行います。

気になられる方は
ぜひ一度詳細説明を含めたカウンセリングをお受けください。

カウンセリングは、
無料になりますのでお気軽にお問い合わせください。

遺伝子は一生変わりません。
早めに受ければ受けるほどその価値は高くなります。

遺伝子を知れば
今までのダイエット、ボディーメイクの概念が変わるはずです。

遺伝的要素(先天的要素)の30%を把握し、
100%でご自身のお体に合うトレーニング、食事を目指してみませんか( ^ ^ )

 

次回からはまた別のコンテンツを書いていこうと思います。
有益な内容にできるように頑張ります( ^ ^ )

関連記事一覧

PAGE TOP
無料カウンセリングはこちら
無料カウンセリングはこちら